ぎっくり背中?

朝起き上がろうとしたら背中が痛くて起きられません。以前軽いぎっくり腰を言わしたことがあるが、そいつの背中版みたいな感じ、なんせ動けない。時は8/9(土)の朝、午前中に病院へ行かないと閉まってしまう。逃したらこの痛みを背負ったまま月曜日まで耐えなくてはならない。脂汗タラタラの状態で少しずつ体を動かし、妻の運転する車で何とか医者にかかり、結果「背中で起きたぎっくり腰の様なもの」と診断されました。なんじゃそりゃ。

予兆は前日の朝から、何となく息苦しい。「禁煙をはじめて1ヶ月が過ぎているのに息苦しいってなんだよ! ハッ! お香の成分になにか変なものが混じっていたとか!?」って、最初はマジでお香を疑いました。100円ショップで買ったもので、成分はもちろんのこと、いったい何処で製造されたものかさっぱり書いてないものだしね。気にしつつ晩飯まで食って居間で宵寝。起きると背中が痛く、朝からの息苦しさはこの背痛からくるものかと、漸く気づいた。姿勢の悪い居間の宵寝だったから悪化したかな? と思いつつ、早々にベッドに入る。正しく仰向けに寝ると背痛も無い。

翌朝。普通に腰が痛い。歳を取った&運動不足ってことで、長時間横になってると、腰が痛くなる。腰痛は起きて体を動かせば引いていく。で、起きようとすると背中に激痛が走る。全く動くことが出来ない、じっとしていれば背痛は治まる。しかし、今度は腰痛が押してくる。「じっとしてれば腰痛、動けば背痛...って、俺にどうしろと?」もうパニック寸前。でも、痛みが違う場所でまだマシだったかも、違う原因でともに腰痛だったらそれこそパニックになった可能性大。

てなことで、その後は最初に書いた通りで、医者から「ぎっくり腰は安静が一番」という言葉と、痛み止めをもらってきました。この痛み止めは錠剤なんだけど、背痛にはよく効く。安静にしてろってことだけど、横になると腰痛になるし、この痛み止めは腰痛には全く効かない。痛みの原因が違うからなんだろうけど、よくできてるなぁと感心。背痛は治まったので負担をかけないように気をつけつつ体を動かす。

さて、痛み止めは3日分で月曜日まで、火曜日に様子を見てってやってるとお盆休みに入っちゃう、お盆中に痛みが出てくると拙い。そこで、月曜日は痛み止めを飲まずに過ごす、夕方あたりから多少の背痛を感じるが、この程度は感じた方が、忘れて負担をかけてたりしないからちょうどいいかも。って思ってた。

翌火曜日、夜明け前のトイレの時は背中にそこそこ痛みを感じつつ起きられた。が、それから2時間後くらいに起きようとしたら、またまた激痛が走る。そう! 背中の炎症は全く治まっていない!! 痛み止めで全く痛みを感じないって怖いね。

またもや脂汗タラタラ状態で何とか起きて、朝飯くって薬を飲んだ。病院へは妻だけ行って追加分の処方箋を書いてもらって痛み止めを10日分(朝夕各1錠で20錠)を入手。んでも、朝の1回だけで1日持つのでそうしてる。やっぱ多少痛みを感じてないと忘れて負担を与えそうだし、炎症が治まったのかどうかも全く判断できそうにない。

にしても、原因がわからない。ぎっくり腰の時のように何かを持ち上げたり、力を入れたりして「ポッキーン」と言ったわけで何もない。最初は寝違いの背中版かと思った。寝違いなら、ハイバックの椅子で無茶な姿勢でうたた寝をかますのはしょっちゅうある。いつ寝違いを起こしてもおかしくはないのだけど... って、そうか、寝違いを起こす代りに背中を痛めてしまったのかな。今後気をつけておかないとダメだな。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)